税理士に相続相談

遺産相続をするとき、そのほとんどの方がはじめて相続手続きをおこなうことになります。そのときにはじめてわかることかもしれませんが、じつのところ、相続にまつわる手続きはたくさんあり、どれも手間のかかることばかりです。

今まで個人の名義だったものは相続人の名義に変更しなければなりませんし、相続するものはすべて金額で計算して、相続税を支払わなければなりません。複数人相続する人がいれば、その人たちで法律に則って分ける割合を決めなければならないでしょう。しかしながら、はじめて遺産を相続する場合、そのどれもがわからないことばかりのはず。そこで専門家に相談することが必要になるのです。

特に相続税が関わってくる相続相談をする場合は、税理士に依頼することをおすすめします。相続税の手続きができる専門家は税理士だけであり、司法書士や弁護士に依頼してもできないからです。税理士は相続税申告のほか税務調査に立ち会ってくれるなど、相続税にまつわるさまざまな手続きをサポートしてくれます。相続税に関することで困ったことがあれば、ぜひ税理士に相談するのがよいでしょう。

ときどき相続税の手続きをすべて自分でおこなおうとする方がいますが、自分でするには膨大な時間がかかってしまううえに、書類に不備が生じやすいのであまりおすすめできません。できるだけ税理士に任せたほうがスムーズにいきます。では税理士が具体で気にどんなサポートをしてくれるのか、ご紹介しましょう。

Pocket